Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


Joni Mitchell 1943年カナダ生まれ。

実際Joniを聞き始めたのは学生時代から
だが、その頃、高かった彼女の評価ほどには
自分はそれ程お気に入りではなかった。

なぜかと言うと、自分の当時好きだった
SoulやSteely Dan、80年代POPSとは
かけ離れた外装(初期の彼女はFolk Music
である)しか追えなかった自分には
Joniが何を言おうとして、
なんで、英米のミュージシャンに
これほど人気が
あるのか、わからなかった。

JoniへのTribute CDを見て
その影響の大きさを実感できるだろう。
Prince、ビョーク、Elvis Costello、
Annie Lennox(元ユーリズミックス)などなど。
WikipediaによるとMadonnaなんかすごく
影響
を受けたらしい。

今年の2月にGrammyでAlbum Of the Year
に輝いたハービー・ハンコックのアルバム
Joniについてのアルバムだからなぁ。

でも、10年ほど前に、
前エントリーのJanet Jacksonのアルバムで
Q-Tipが“Joni Mitchell never lies”ってRapしている
のを聞いて、かなり聞きまくった。
とは言っても5枚しか持っていないが。

その中で一番好きなのがこのCD。
“Blue” 1971年。
自分の持っている
JoniのCDの中でも
かなりPOPなもの。
でも、ピアノとアコースティックギター
をメインでレコーディングされて
おり、バンドサウンド的ではない。

のっけから
“All I Want”(T1)のギターフレイズ
が響く。この出だしがまず好き。

Blueとかいいながらかなり
明るい曲調。

“California”(T6)なんかは
かなりPOPな出だしで
以前にどっかのCMで
かかっていたように思う。

やっぱり自分の聞きどころ
は“River”(T8)と次の
“A Case of You”(T9)かな。

アルト、ソプラノの声で歌う。

“But it don’t snow here
It stays pretty green
I’m going to make a lot of money
Then I’m going to quit this crazy scene

I wish I had a river
I could skate away on“

「ここでは雪はふらない、
景色は緑のまま。
自分はお金をたくさんかせいで
くるったsceneからでていく。
riverがあったらいいいのに
スケートでどこかいけるような」
(輸入盤なので自分で未熟訳)

riverってlifeの隠喩であったりする。
でもこれは凍ってしまうriver。
Canadaのバンクーバーより
800キロほど内陸で生まれた
Joniにとっては、冬に凍ってしまう
riverが親しみやすいのか。
riverが凍るためには流れ
が急ではだめ。
ゆったりと流れていなくては。
それも広いもの。
そうじゃないとスケートで
どっか行けない。

都会のショービズの世界
に疲れたJoniが
そんなlifeだったらいいのに
と歌っているような。
どっか行けたらいいのに
と歌っているような。
切なさ、哀しみ、でも力強さ。

いいなぁ、この曲。

この曲でわかった。
彼女の詩の魅力が。
昔は詩をあまり聞いて
なかったからなぁ。

しかしriverってアメリカ人にとって
どんな意味があるのだろう。
lifeの隠喩以上のものがそこには
あると思う。

“river”といえば、
クリント・イーストウッド監督の
“Mystic River”なんか思いだす。
かなり暗い内容らしいけど。
まだ見てないが見るつもり。

あとTVでやってたけど
今年のサンダンス映画祭
のドラマ部門で“Frozen River”
って映画がグランプリとったらしい。
これも見てみたい。

でも自分はやっぱりriverと言うより
「川」。凍らない川。いつも流れている。
ひばりさんの歌じゃないけど
けっこう演歌的、歌謡的な「川」
かな。自分が思いえがくのは。

Princeがカバーした
“A Case Of You”(T9)
も好き。

アコギの出だしが好き。

昔の恋人に対する
思いを歌っていて
すごくいい。

“Oh I could drink a case of you, darling
Still I’d be on my feet”

いいアルバム。

As for me, I still can be on my feet by myself,but・・・
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

「その頃から高かった評価」と書いてましたが、Joni Mitchellは自分の生まれる頃から
ずっと評価高いです。
「大学時代に」「それ程お気に入りではなかった」という意味で書いたので、修正しました。

  • 2008/02/23(土) 21:40:43 |
  • URL |
  • 自己訂正3 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。