Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「オリバー!」という映画のDVDを見た。
1968年作。その年のアカデミー賞の作品賞などをとった映画。
子供の頃から、作品のことは知っていたが見るのは初めて。
ミュージカルを見るのは久しぶり。ビョークで有名になった
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」以来。

あらすじとしては、孤児であるオリバー・トゥイストが
救貧院を飛び出し、ロンドンの下町でスリ団の仲間に
迎えられ生活をするが、その後筋が二転三転する。

2時間超の作品で前編と後編に分かれて上映されたらしく、
DVDが昔のレコードのように両面であった。

ミュージカルとしている意義としては、歌い踊るシーンで、
「様々な感情の機微」を表現し、映画の流れの中で
アクセントをつけ、出来ればゴージャスさも出したい
というところか。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」では、空想シーンで歌うシーン
が使われて、現実と空想のはざまで行き来する主人公を
うまく表現し、映画のいいアクセントとなっていた。

この映画でも、特に好きなシーンがある。後編で、オリバーが
ある朝を迎えるシーン。あの部分での“Who will buy”の歌。
ファルセットボイスで
「あの朝の空を誰か買って、
 リボン付の箱に入れて」と歌うシーン。のびやかな気分になる。

ジャズでも、ポップスでも、何かのアクセントが必要。
リズムでアクセントがないとリズムとして成り立たないように。

大人が楽しめる映画だと思う。最後までしっかり楽しめる。
見てよかった。

ちなみに、映画の最初に救貧院のおじさんがひどくいじわる
だが、自分の知っている児童養護施設の人は皆志しの高い人。
一人は今アメリカ本土で、もう一人はオアフ島で
3ヵ月の研修に行っています。

ディケンズの原作の頃の救貧院はもっとひどかったのかな。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。