Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


Sparks Go Go最新作。
「Somos Japones」

初めてスパゴーを聞いたのは、
恥ずかしながら、民カバ
「ルート2」のカバーから。

「ルート2」は奥田民生の
ファーストソロアルバム「29」の2曲目。
Steve JordanがDrums、
Charly DraytonがBass。
めちゃくちゃタイトで乾いた
リズムセクションをバックに、
民生のボーカルがはじけている曲。

民カバの同曲で、Sparks Go Goは
ルースなリズムだが、
原曲をまねるのではなく
独自のリズムで、
ロックしていた。
「おもしろい」と思った。

日本のロックバンドって感じ。
ちょっとWetな
ワイルド感。

「日本人だ」と名乗っている
このアルバムでも
そのWetなワイルド感は健在。

Vo Bassの八熊慎一
Drumsのたちばな哲也
Guitarの橘あつや
のスリーピースバンド。
ソウルフラワーユニオンから
参加のキーボード奥野真哉の
濡れた音もいい。

スパゴーのこのアルバム
のもう一つの
特徴はその歌詞かな。
スパゴーはこのアルバムと
奥田民生と共演した
「The Band Has No NameⅡ」しか
持ってないが、
このアルバムは歌詞が特に
心に沁みる。

「醒めないこころをうたって
萎えない明日をうたって
消えない夢中をうたって
飾らない言葉をうたって」
(Tr2「うたうたいのテーマ」)

俺も年が近いから、なんとなく
わかるんだ。
飲んだくれて、明日の何かを目指す。
ここらへんの歌詞は若い頃の自分では、
わからなかっただろうな。

飲んだくれといっても、
なんで飲むか?というと、
明日のために飲むんだと思う。

明日にまた賭けるために。
今日飲む。
「今日もよくやったな」と
自分への褒美を今日やって
明日につなげる。

そんなオトコを歌っているんだと思う。

最近、なんか若者が酒を飲まなくなった
ってどこかのニュースでいっていた。

自分の大学時代って、
準体育会系のサークルだったから、
飲みがきつかった。

一種の命令系統ないしは
階級秩序の維持のために、
飲み会は存在した。
飲んでは吐き、飲んでは吐き
ながら(酒屋さんごめんなさい)、
自分で吐く技術?を覚えて
強くなっていった。
(←Crazy?Yes, I was)

だから、
お酒が本当に好きになったのは
30歳すぎてから。
今でも週4~5日は飲んでいる。
週2日は完全休肝日。

飲んでるんだけど、
かなりの健康体。

そう、飲みすぎなければ
お酒は楽しい。
若い人も飲みませう。

私のような酒好きには、
このアルバムすごく沁みます。

飲んでいくうちに
浮かんでくる
明日への希望を
演っている。

そんな歌をスパゴーは
歌っている。

飲みの現場には、
人間がいっぱい出てくる。

そんな飲みの現場の歌を、
ビートにのっかって
ロックして歌う。

日本のロックの
中堅としてしっかり
自己主張している。


そんないいアルバム。

「Somos Japones」(俺は日本人だ)
に対して、
「Usted Oscila!」とこたえたい。

“You Rock!”


スポンサーサイト
このページのトップへ


自分は、年くってから夏が好きになりました。
昔は冬の方がすきでしたから。
熱い熱いとか言いながらビール飲むのが好き
(↑けっきょく酒かいっ(苦笑)

今日からギラギラ夏本番でしょうか?

楽しもうっと!!! このページのトップへ


小飼弾氏の以下のエントリーにのっかって、おもしろそうなんで、
Crossreviewをやってみることにする。

紹介―Crossview=twitter 4 reviewers

Blogエントリーだけでは、そんなに更新できないので、
売れているCDやDVD及び本については、これ使っていくと
いいかもしれないな。




このページのトップへ

最初スペースシャワーTVで
PVを見たとき、
「すげーもの見てしまった」
「スガシカオがまたやったよ」
と思った。

“Nobody Knows”
スガシカオ最新作。
5月発売され、すぐ買って
聞き込んでいた。

文体を変えたんだ、スガシカオは。
このシングルで。

スガシカオの詩は
村上春樹の影響を受けたもの。
村上春樹の言う、
Detachedされた詩だと思う。

Committedは、反対の意味で
かかわるというか、一緒にというか
すごくWetなもの。

Detachedされた文章は、
ドライで一人称で書かれていたとしても
三人称的な視線が入る。

スガシカオで一番有名な歌と思われる
「夜空ノムコウ」。
現在の自分の思いを強くいうのでは
なく、必ず一歩下がって諦観する感じ。
それほどWetではなく、
「あれから
ぼくたちは
何かを信じて
これたかなぁ・・・」。
クールでドライで、
その時の感情にCommitするのでは
なく、Detachする感じ。

それが、今までのスガシカオの
スタイルだと思っていた。(注で補足

それをこの曲はぶちこわした。

「さらば」という音自体が
スガシカオらしくないような。
昔の洋画のタイトルみたい。
(昔の洋画のタイトルは
すごくイイけど、今風ではないような。)

「“信じていればいつか、
気持はちゃんと伝わっていくよ”と
ふざけないでよ
だって そうじゃない?」

スガシカオがラジオで言っていたように
壁に落書きされた、その人の
思いのようなものがバッと飛び出してくる。

非常にWetでCommitされた詩で、
それまでのDetachされた詩とは
まったく質的に違うと思う。

自分がこんなにあの人のことを
思って、思って、、、、
思い続けてもやっぱりダメ。

そこで、最後に
これがくる。
Funkチューンにのっかって
“Nobody Knows”!

そんな思いは、誰も知らないんだ。

さもなくば、昔のソウルの
名曲にあるように、
“God Only Knows”という
ことなんどろうか。

最後で、
クールでドライさは完成。
第三者視線が最後で出てくる。

まるで、自分の好きな
ミケランジェロ・アントニオー二
の映画“Blow Up”「欲望」のように、
最後のシーンですべてが決まる。

最後のFunkビートにのっかって
“Nobody Knows”と歌うことに
よってすべてが決まっている。

作品としての完成度は過去の
どの曲にも負けない。

楽曲的にいっても、
森信行のファンクドラム。
ギターをやるスガシカオの
ファンク・ギターは最高。
森俊之のファンキーな
キーボードも最高。

これこそ、スガシカオの
クールでドライなファンクだ
って感じ。

ファンクギターといえば、
スガシカオ、今度の福耳の
「Dance Baby Dance」ギター対決する
らしい。

ブルースギターVSファンクギターっていうか、
クラプトンとプリンスの対決って言うかさ、
ここはやっぱり
ヤマちゃんとシカオちゃんのエレキギターバトル
ってのが一番だと


You Tubeで見たけど、イイッ。
プリンスのギターみたい。
山崎まさよしのロックギターといっしょに
あばれまくっている。

これも買いかな(苦笑

(注
すごくWetな曲は、過去の
スガシカオでも、あります。
例えば最新オリジナルアルバム
ParadeのTr10「7月7日」なんかそう。
そういやもう明日か?早いね
時間がたつのは


「Novody knows」が出た時とブログパーツの
表示が変わったので、位置を冒頭から移動。
2008年7月8月はスガシカオが写っている
「Nobody Knows」の宣伝だった。
↓8月31日現在は「Funkaholic」の表示。




このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

05月 « 2008年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。