Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


グラント・グリーンと聞いて
ピンッとくる
ひとは残念ながら
少ないと思う。
例の本でものってなかった。

だけど、グラント・グリーン好きなんす。
今はノラ・ジョーンズが所属する
ジャズ・レーベルのブルー・ノート
にかなりの枚数残している
ギタリストである。

前エントリーのBill Evansと
前後するようによく聞いていたのが、
グラント・グリーン。
もうとにかくよく聞いていた。
Acid Jazzのコンピ“Make It Phunky”
(ジャイルス・ピーターソン編)
の三曲目ばかりを聞いていた。

“Sookie Sookie”!!!
R&Bシンガーの
Don Covayのカバーらしい。
(「ソウルのゆくえ」にくわしいが、
ミック・ジャガーがめちゃくちゃ
影響を受けた人らしい)
昔のロックバンド
のステッピン・ウルフもカバーしている。
とにかくノリがよい。

これも、自分の友達の間での
お気に入りだった。

これを聞きながら、例の屋台の
ラーメン屋行ったあとに
東京タワーのあたりの坂道を
なぜだか迷ってグルグル回って
いたのを覚えている。
(けっしてローリング族では
ありませぬ)。

初めはBill Evansから入ったが、
なんかね、アッパーなチューンも
欲しかったんすよ。
それがこの“Sookie Sookie”。
すごくFunky。かっこよし。

オルガンの出だしから、
途中のグラント・グリーンの
ソロギター。
どうも、一番のっているところでは
「スキスキスキスキス~」
とやっているらしい
と気づいたのは最近。

日本語の「好き」を英語風に
アレンジしたらしい。(←違うか?
これは、どこから出てきたんだ?
このアーバン・ディクショナリーによると
かわいい女の子を見たら
“Sookie Sookie,Now”と言うらしい。

これはまさに「踊れるジャズ」だ。

「クラブ・ジャズ入門」(沖野修也著)では
以下のように言っている。
(ジャズ評論家に怒られそうだが、、、)
ここ「日本では、ジャズは『鑑賞するためのもの』
というイメージが強い。」
「ジャズは『聴く』ことが当たり前で、
ジャズについて『語る』ことが重要であり、
ジャズについて書かれた書物を『読む』ことによって
ジャズへの理解はさらに深まる」
という楽しみ方も一方ではある。
しかし、「一方で、ジャズはそんなに気難しい音楽では
ないという見方もあ」る。「聴いていて気持ちいい。
かっこいいから聴く。」
「肉感的で、表情豊かな演奏を得意とするジャズは、
聴き手をエモーショナルな精神状態に変える。」

たしかに、「ジャズは、ハウスやヒップ・ホップのように
特定のリズム・フォーマットを持たない、しかも、スタイル
のバリエーションも多く、イメージ的にはルールが」ないから、
「踊りにくそうという印象が強い。」

しかし、沖野修也氏が80年代後半
ロンドンで目撃した
ジャイルス・ピーターソン主催の
「ジャズ・ファンク・リバイバル」で。

「自由度の高い演奏で、フロアは興奮の坩堝
と化していました。闇の中で鈍く光る黒人たちの
肌は、鋭い鋼のように見えました。(中略)
しなやかに首筋や肩が波打てば、空中に何かを描く
かのごとく両腕は舞い、ドラム・パターンに呼応する
激しいステップが両足によって演じられている。
(沖野修也氏は)ダンサーたちが複雑な演奏の中から
1小節ごとに見出していた『循環の感覚』に、首と
腰を使って自分の動きをシンクロさせ、」
「踊れるジャズ」を肉感したらしい。

その中に、このグラント・グリーン
が含まれていたかどうかは
わからないが、
自分もこの音楽から上のような
ものを感じる。
自分は、ジャズはまずノレる
から好きということがいえるんす。

やっぱり、いいよねGroovyなのは。

でもね、これでグラント・グリーンに
はまってしまって、
何枚か彼のCDを買っている。

Funkyさとはかけ離れているが、
なぜかはまってしまった。
それが“Grantstand”でのTr2
“My Funny Valentine”。
少ない音で、Bill Evans Trioのように、
ひっついたり離れたりの「インタープレイ」はせず、
フルートとしっかりよりそって、
オルガンをバックに(注コメント欄で補足修正)
ブルージーな演奏を
する。

ほんとに、かっこいい。
通常の音階をひくなら簡単だけど、
その独特のニュアンス。
ピックが弦に触る時の違いなどを
様々に使い分けて、
タイミングをかえて、
様々な感情表現をする。

この曲の最初は、
Chet Bakerの同曲のように
かなり暗いんだ。
でも、後半にいくに
従ってフルートとともに明るい、
かつ陰影のある
感じで聴かせきる。

自分はグラント・グリーン
をやりたくて
30過ぎにギターを買って、
飲み屋のマスターや
知り合いのミュージシャンに
教えてもらって
一時期練習に励んだことが
ある。(←なんと恐れ知らずだったか!!!

ほんとに、自分の音楽家としての
能力のなさにあきれ果ててしまった。
ギターは飾りと化した。
それ以来、ミュージシャンに対する
畏敬の念が強くなったのは言うまでもない。

ノリノリ“Sookie Sookie”
のグラント・グリーンも
今でもやっぱり好きだ。
でも、単純な構成で、ニュアンスだけで
聞かせきるグラント・グリーンも
ほんとに好き。
後者がより好きになったのは、
年のせいかな?

注)最初は、ステッピン・ウルフ
のカバーと書いたけど、よく調べて
みたら、Don Covayだった。
自分ベスト持ってるけど(苦笑)、
「ミック・ジャガーにそっくり」。
色っぽいVocalだ。
だから、書き直しました。

あと、最近ではJazzで踊るということは、
あまりないみたい。今では、打ち込み
中心のヒップ・ホップかテクノが
多いっぽいもんな。

今のクラブサウンドって、
昔のような皿回しってはやってない気がする。
5年くらい前に行った「Red Shoes」でも
CDで回してたもんな。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

04月 « 2008年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。