Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


自分がEric Claptonを聞いたのは、
中坊のとき“I Shot The Sheriff”を
ラジオで聞いたのが初めてだと思う。

最初「なんかなこのおっさんは」と
思っていた。
そのうち、三大ギタリストの一人
ということで皆「すごい、すごい」と
言っていた。
耳に残るサウンドだったが、
よくわからなかった。

1974年。
Claptonの大ヒットアルバム。

で、このCDを買ったのは
自分が30歳を超えてから。
Claptonのベストは持っていたが、
山崎まさよしがおすすめのCDに挙げて
いたこともあってゲットしていた。

まぎれもなくRockの名盤なのだが
よくわからなかった。

しかし、いろいろ調べていくに
従ってなんとなくわかってきた。
このアルバムを皆好きなアルバムに
挙げるのかを。

このアルバム
1974年の春にレコーディング
されている。

その秋にレコーディングされた
ものとして、
“Better Make It Through Today”がある。
これ次のアルバム
「安息の地を求めて」(1975)
に収録された
自分の大好きな曲である。

誰かのライヴ後にPAの人が
ライヴ会場でかけていたのを覚えている。
「ホッとする」曲である。
よく一日やったな。
Claptonは自分に言い聞かせたんだろうな。
大変だったんだろうなその頃。

461Ocean Boulevardの
2曲目“Give Me Strength”
と似ている。
が後者の方が明るい。
ほぼ同時期に録音されたが
こちらの方が「陽」だと思う。
曲調が明るい。
アルバムのジャケットの
明るさんの影響もあると
思うが。

Claptonがヘロイン中毒から復活して
最初の一枚である。

このCDは力の抜けたいいアルバムである。
Creamの“Wheels Of Fire”の
二枚目1曲目“Crossroads”からの
流れにあるような
超絶ギターもなく、
Guitarのインプロバイズしたものもなく、
そういったものをなくしていくような作り。
延々と続くようなギターソロもない。

シンプルなメロディに
情感あふれる歌と
あえて言うと控えめなリズムセクションと
控えめだが饒舌なギター
のマッチングで曲が
出来ている。

ブルースそのものでもなく
Black的なリズムそのものでもなく
ホワイトそのものでもなく
クレオール的なものの妙。
混血的な音作りの精妙さに
非常に魅力を
感じるアルバムである。

特にこのアルバム
レゲエを取り入れて
全米NO1となった。
Bob Marleyのヒットのさきがけ
となった。

このアルバム。
ギターワークとオルガン
ドラム、ベース、歌の
調和がとてもよく取れている。

Creamでぶっとび
Laylaで名を馳せた男は
最終的にここに落ち着いたか。
落ち着き方としては最高な
落ち着き方だと思う。

三大ギタリストとかそういう
肩に力が入ったものではなく、
「音を楽しむ」ということでは
このアルバムほんとにイイ。

このアルバムわかるまでに
何年かかったのだろう。
多分、表層的な部分を拾っていた
(それが悪かったと後悔しているわけではないが、、、)
自分の10代じゃわかるまい。

さらに音楽が好きになったような気がする。

ちなみに自分は持っていないが
「ギターの神様」Claptonでは
John Mayall &Blues Breakersの
アルバムが必聴らしい。

ギョーザさんのブログを見て
買おうか悩んでいる、、、。

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

12月 « 2008年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。