Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


山崎まさよしBEST ALBUM。
「BLUE PERIOD」。
2005年。

もともと山崎まさよしさんは好きだった。
「振り返らない」を聞いたのが最初。
いい歌だと思った。

これを聞いてからしばらくたった後、
彼がスガシカオと同じオフィス・オーガスタ
であることを知った。

以前ブログにも書いたが、自分の好きな
アーティストはオフィス・オーガスタに多い。
社長の森川氏の音楽の志向性がかなり好き。

1995年デビュー。
このBESTの一曲目の曲
「月明かりに照らさせて」が
デビュー曲。

前エントリーの461Ocean Boulevardを、
山崎まさよしさんは好きなアルバム
に挙げている。
このClaptonのアルバムを聴き込んで
書いてみて
山崎まさよしのClaptonへの
思いを感じられるようになった。

彼のデビューアルバム
「アレルギーの特効薬」なんかは
すごくClapton好きを感じさせる
ような気がする。

このBESTの一曲目は
デビューアルバムの一曲目と同じで
461Ocean Boulevardの一曲目
“Motherless Children”のサウンドに
かけているような気がする。
歌詞の内容はまったく違うが。

歌詞がね。いいんですよ。山崎まさよしも。
日本語で歌うからというのもあるけれど
日本的である。あまりとがっている印象が
少なくて、適度なWet感というのかな。

しっとり感、みずみずしさ
なんかを様々な隠喩、食べ物
やら、月、を使って表現していく。
しかし、
「One More Chance, One More Time」や
「振り返らない」などの
しっとりと直接伝わってくる
ような曲が時々出てくる。

「セロリ」「中華料理」なんて歌い
ながら、
直接Claptonの“Layla”みたいな
ストレートな曲がある。

異色なのは、「水のない水槽」。
自分のイメージでは桐野夏生の「OUT」
の装丁を思い出す隠喩にあふれた曲。
人の抑圧された思いが
表現されているように思う。

音の凝り方としては。
彼の「君」への愛しさを歌いあげた
「僕はここにいる」。
ストリングスの使い方が最高。
本当の自分は「ここにいる」。
最近の山崎まさよしのストリングスへの
こだわりが出ているような気がする。

スガシカオも「ココニイルコト」っていう
いい曲あるけど、ちょっと趣が違う。
この曲もスガシカオの「君」への思いを
歌ったものだが、どちらもそれぞれ
らしさを出していて、おもしろい。
やっぱり「ネンマくん」(byスガシカオ本人)
とは違う。(笑

2枚目7曲目「未完成」。
これ大好きなんです。
のっけから4ビート?のドラム
にのっかって
オルガンの泣き
がきこえて始まる。
ちょっとゴスペルがかっている。

歌詞が好き。
サビの部分でこれが出てくる。
「冗談のように過ぎる毎日を
笑いとばしたり こだわってみたり
ただ先も見えず歩いているから
君の声だけでも聞きたいんです。」
曲の中ででてくると
ホントしっくりくる。

この曲にかぎらず、
山崎まさよしの楽曲は完璧な
完成品。ブルースハープ(特に好き)
ギター、ベース、ドラムス
エレピの各音、
声がでしゃばらず
絶妙のバランスで曲が構成されている。

しかし、「未完成」ということばを
頭の中、心の中で
浮かばせたい。

あきらめ、葛藤、挑戦。

最新アルバムのカバー曲集
でもやっぱり挑戦しているようだ。
持っていないが。
先日のNHKのSONGS
再放送を見てそう思った。
カバー曲を
なんかすごくグルーヴ感のある
歌・演奏を披露していた。
バンドのメンバーでは
ベースの中村キタロー氏しか
わからなかったが。

できれば、COVER ALL YO
のStevie Wonderの
“SUPERSTISION”のカバーを
特に聞きたい。
スポンサーサイト
このページのトップへ


自分がEric Claptonを聞いたのは、
中坊のとき“I Shot The Sheriff”を
ラジオで聞いたのが初めてだと思う。

最初「なんかなこのおっさんは」と
思っていた。
そのうち、三大ギタリストの一人
ということで皆「すごい、すごい」と
言っていた。
耳に残るサウンドだったが、
よくわからなかった。

1974年。
Claptonの大ヒットアルバム。

で、このCDを買ったのは
自分が30歳を超えてから。
Claptonのベストは持っていたが、
山崎まさよしがおすすめのCDに挙げて
いたこともあってゲットしていた。

まぎれもなくRockの名盤なのだが
よくわからなかった。

しかし、いろいろ調べていくに
従ってなんとなくわかってきた。
このアルバムを皆好きなアルバムに
挙げるのかを。

このアルバム
1974年の春にレコーディング
されている。

その秋にレコーディングされた
ものとして、
“Better Make It Through Today”がある。
これ次のアルバム
「安息の地を求めて」(1975)
に収録された
自分の大好きな曲である。

誰かのライヴ後にPAの人が
ライヴ会場でかけていたのを覚えている。
「ホッとする」曲である。
よく一日やったな。
Claptonは自分に言い聞かせたんだろうな。
大変だったんだろうなその頃。

461Ocean Boulevardの
2曲目“Give Me Strength”
と似ている。
が後者の方が明るい。
ほぼ同時期に録音されたが
こちらの方が「陽」だと思う。
曲調が明るい。
アルバムのジャケットの
明るさんの影響もあると
思うが。

Claptonがヘロイン中毒から復活して
最初の一枚である。

このCDは力の抜けたいいアルバムである。
Creamの“Wheels Of Fire”の
二枚目1曲目“Crossroads”からの
流れにあるような
超絶ギターもなく、
Guitarのインプロバイズしたものもなく、
そういったものをなくしていくような作り。
延々と続くようなギターソロもない。

シンプルなメロディに
情感あふれる歌と
あえて言うと控えめなリズムセクションと
控えめだが饒舌なギター
のマッチングで曲が
出来ている。

ブルースそのものでもなく
Black的なリズムそのものでもなく
ホワイトそのものでもなく
クレオール的なものの妙。
混血的な音作りの精妙さに
非常に魅力を
感じるアルバムである。

特にこのアルバム
レゲエを取り入れて
全米NO1となった。
Bob Marleyのヒットのさきがけ
となった。

このアルバム。
ギターワークとオルガン
ドラム、ベース、歌の
調和がとてもよく取れている。

Creamでぶっとび
Laylaで名を馳せた男は
最終的にここに落ち着いたか。
落ち着き方としては最高な
落ち着き方だと思う。

三大ギタリストとかそういう
肩に力が入ったものではなく、
「音を楽しむ」ということでは
このアルバムほんとにイイ。

このアルバムわかるまでに
何年かかったのだろう。
多分、表層的な部分を拾っていた
(それが悪かったと後悔しているわけではないが、、、)
自分の10代じゃわかるまい。

さらに音楽が好きになったような気がする。

ちなみに自分は持っていないが
「ギターの神様」Claptonでは
John Mayall &Blues Breakersの
アルバムが必聴らしい。

ギョーザさんのブログを見て
買おうか悩んでいる、、、。

このページのトップへ


新年あけましておめでとうございます。
新年ということであらたまって
これというわけでもなく、
なんかいつも感じている「今」
を書いていけたらなぁ、
と思っております。

さて、感じをかえて
ここからは今までどおり。

「Keep On, Move On」
ウルフルズ最新作。
2007年12月出たばかり。
CDの帯にはタイトルの
語呂あわせで
「希望、無謀」。

Produced by 伊藤銀次&トータス松本

ウルフルズは自分が好きな
バンドの一つ。

ウルフルズを見たのは、
1995年あたりかな。
酔っ払って家に帰って
たまたま見たテレビで
見た「すっとばす」のPVが
初めて。

すごいバンドだと思った。
泥臭いサウンド。
PVの泥臭さも良かった。
関西方面でなんか面白い
ことが起こっていると
思った。

ウルフルズはひとことで言うと
「なにカッコつけてんだよ!!!
鼻くそつけっぞ!」。
だと思う。

ウルフルズの結成当時からの
モットーは「日本語で、なんか
泥臭いものつくろう」だったような
気がする。どっかのサイトで
見たが。

このアルバム5曲目
「カッコつけて」でも
よく出ている。

「カッコつけて カッコつけて
カッコつけて歩こう
ズボンのポッケ 手つっ込んで
かっこつけて歩こう
カッコつけて歩こう
カッコつけて カッコつけていこう」
がさび。このサビの部分、
80年代風のPOPで見られる
シンセサウンドがバックで
流れる。

しかし、本当のサビの部分で
「雨が降ろうとも 風が吹こうとも
誰が泣こうとも そいつは変わらない」
ここでアレンジががらり変わる。
いいタイミングで泣きのギター
が入る。

このアルバム一筋縄ではいかなそうだ。
今も聞いているが、ドンドンのめり込みそうになる。

最初聞いた感じは
ロックである。
1曲目「たしかなこと」
2曲目「情熱A Go‐Go」
はシンプルで
ロックな曲。
トータス松本の言葉が
次第に染みてくる。

3曲目「花さかフィーバー」
からかなり変わってくる。
ブラックでもなく、
60年代にはやった?ような
白人がブラックの音楽を
取り入れた当時のロックかな?。
キーボードは80年代風だけど。

次はCM曲「泣けてくる」。
むろんイイ。

6曲目「あんまり小唄」
はElmore Jamesに捧げられた
Bluesな曲。
Blues Movie Project
でヴェンダースが取り上げた
Skip Jamesとは別人らしい(←アホ。
ちょっと勘違いしてしまった。
The King Of Slide Guitar。
Wikipedia英語版に詳しい。
こんな曲があるおかげで
ウルフルズ好きになりました。

7曲目と8曲目は
タイトルにかけて
「キーポン節」
ドラムは前叩き気味。
「ムーボン音頭」
なんか新人バンドがデビュー時
にライヴでやってる無謀感
が出ている。

あとも濃いぞこのアルバム。

いいアルバム。

でも
「カッコつけたくはないが
カッコよくありたいな」
(Thertre Brook「Mama」)
もいいんだよね。

東京もんには、こんな人が
かなりいるようです。ハイッ。

自分はいつでも
そのOut of 範疇だけど。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

12月 « 2008年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。