Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
“Singing in the rain” の邦題。
同名ミュージカルでジーン・ケリーが
土砂降りの中でタップを踊るシーンで
使われているのが最初らしい。
すごく明るくて、雨がすごく心地よく
響く曲。

しかし、自分にとって「雨に唄えば」
は、キューブリック作品のそれ。

「時計じかけのオレンジ」1971年イギリス。
監督スタンリー・キューブリック。

近未来のロンドン。不良少年4人組が、
ロンドンで、窃盗、暴行を働くのが
前半部で、その一人が捕まり収監されて
しまうところから始まるのが後半部。
という筋。

今お笑いで第一線の活躍をしている
ガレッジセールは深夜の東京テレビで
この4人組の格好をして番組に登場して
いたりしたから、影ながらこの映画の
ファンは多いのでは。多分。

この映画で、四人組が金持ちの夫婦宅に
押し入り、奥さんに暴行を働くシーンが
ある。四人組の一人がそのシーンで、
「雨に唄えば」を歌う。

すごいミスギャップ。この曲が流れると
あの暴力シーンが蘇り、暴力に対する
嫌悪感、後味悪さが出てくる。
以前ブログで人それぞれにその場面
でBGMが流れていると書いているが、
暴力シーンを見ると自分は「雨に唄えば」
が出てきそうになる。やばい。

通常サントラで音楽が使われる場合、
その場面の叙事的なものであったり、
間をつぶしたいために使われたり、
叙情的なものであったり、反対に、
有名な歌自身から映画が出来て
しまうこともしばしば。

ところが、このキューブリック映画
では、音楽はその反対の方法で使われて
いる。

なんかちょっと違うかもしれないが、
人が死線さまよっているときに、
Beatlesの“Here comes the sun”を歌う
ような残忍さ。というか滑稽さがただよう。

映画にとって音楽がこれほど大事というのが
わかる映画。

キューブリック映画では一番好きな映画。

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

06月 « 2007年07月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。