Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
久しぶりの大阪である。
前に来た時もライブ目当て
であった。

以前目当てのライブを楽しんだあと
向かったのが、音楽がよさげな
バー。その時は一見客だった。

ひとしきりオーダーして、
客が入り始めた頃、
店のマスターがかけたのが、
“FANIA ALL STARS”。

ぶっとんだ。今まで聞いていた
ラテン音楽は何だったのか?

このグルーヴ感。最高!
タイトなリズム。それも
ライヴでの演奏である。

各演奏者の技量は最高!
そしてノリは、これはラテンの血
が流れていないとどうにもならない
のではと思わせるような、すごいノリ。

ボーカル、パーカス、ピアノ、
そこにギターがだらだらと
からみ(このノリも最高)、総勢十数名の
最高のグルーヴが乗り出してくる。

このノリ、BLACKな(ソウルな?)ノリとは違う。
マスターに「なんすかねこの違いは?」。
「多分、表リズムと裏リズムが合わさって
演奏されているからじゃない。」

うーん、そうだ。
この表リズムと裏リズムの交互に
入れ替わって、またはパラレルに複合的に
この独特のグルーヴを
生み出しているからかな。

表リズム。
通常の「タッ、タッ、タッ、タッ」
などのもの。
裏リズム。
「ンタ、ンタ、ンタ、ンタ」。

つまり、四拍子だとすると、
♪ ♪ ♪ ♪ が表リズム。
 ↑ ↑ ↑ ↑のところで
リズムをとるのが裏リズム。

クラブでよくかかるハウスあれには
表リズムの場合と裏リズムの場合があるが、
自分の好きなStardust"Music sounds better with you"での
バスドラの音は表リズムだと思う。
(コメント欄で修正

ある元プロのミュージシャンから面白い
話しを聞いた。
日本人には、裏リズムが
縁遠い、というかそのリズムの存在も
知らない。

「日本人は農耕民族、欧米人
は狩猟民族だから」らしい。
畑を耕すとき、鍬で「ド、ド、ド、ド」。
そうハウス。

獲物を狙って弓を射るとき、弓を引っ張って
パッと矢を射る。「ンパッ、ンパッ、ンパッ、ンパッ」
これが裏リズム。弓を引っ張る「ン」のところで
ためて、「パッ」とリズムをきざむ。

だから「日本人には裏リズムが沁み込んで
いないんだ」。
面白い、と思った。

でも「ただの日記」さんの法事のところ
に書いてあるとおり。
木魚って裏リズムなんだよな。
今日初めて気がついた。
お経を読むときのリズムって裏リズムなんだ。
へぇーおもろい。

JAZZも死んじゃいない。
ROCKも死んじゃいない。
もちろんLATINも死んじゃいない。
多分このノリはどこかで生きて
いるはず。

本当にすごいと思えるLATIN SALSA。
それを教えてくれたのが、
大阪のあるバーだった。

しばらく、ライブハウス巡りしてきまーす。


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

05月 « 2017年03月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。