Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


タイトルはなんか熱闘甲子園みたいで
(注コメント欄で補足
クラシックとは縁がなさそうな感じだが、
パッションないしはPassionとすると
キリストの受難という意味になるので
あえて「情熱」。

北京オリンピックの開会式での
ランランさんのパフォーマンスが
記憶にあたらしいが、
自分は中国のピアニストというと
Yundi Li(ユンディ・リ)である。

とはいっても、聞きはじめたのは
6月から。その頃、テレビで
このCDのライブについての
ドキュメンタリーがやっていて
それを見てすごいピアニストと思ったのがきっかけ。

Yundi Liは1982年中国重慶生まれ。
2000年にショパン国際ピアノ・コンクールで
15年ぶりに優勝。ブーニン以来。

このCDは、彼のベルリン・フィルデビュー。
指揮は小澤征爾。

小澤征爾がドキュメンタリーで
「自分が今の地位にあるのは、
カラヤンが援助してくれて
(ベルリン・フィルに)紹介してくれたからだ。
自分も同じことを君に(Yundiに)したいと思う」
と言っている。

このCDは2007年5月に
ベルリン・フィル定期演奏会を機に
おこなわれたらしい。

ライブ収録曲は
プロコフィエフ ピアノ協奏曲第二番。

この曲は、
「技術的な部分でお話しすると、
すべてのピアノのレパートリーに
おいて最も難しい作品のひとつ」
(小澤征爾)らしい。

このCDを聞いて、
聞く環境によって音楽って
こんなに聞こえ方が違うのかって痛感した。

以下は10年ほど前に買った
約10万円の日本製ステレオで
スピーカーを使って主に聞いた感じ。

最初聞いた感じは、
恐ろしく速くて、
的確なタッチ、
うなる鍵盤、地響きをたてる
ベルリンフィルの咆哮、
満場の拍手。
(ちょっと劇画的すぎるか)
(注補足 すみません 最初の数回
はヘッドフォンで聞きました。
これがよかった。)


本人が“Life is full of emotions.”
とドキュメンタリーで言っていたように(たしか?)、
このCDも情感にあふれ、たぐいまれな技術と
情熱に満ちた演奏である。

YundiのCDは3枚ほどしか聞いていない。
“Portrait”と
ショパンのCD(同じくショパン・コンクールで優勝している
アルゲリッチも入っている)、
それにこれである。

他の2枚はソロ・ピアノで、
ショパン中心の作品だったので、
自分が最初に持ったYundiのピアノのイメージである。

このソロピアノでは、
Yundiは軽やかに歌い上げている。
クラシックは本当に聞きかじりで
あまり聞いていない。
しかし、なんとなくホロビッツやアルゲリッチと
比べて聞いて思ったのは、
Yundiのピアノは
リズムの取り方がおもしろい。
リズムが断絶するのではなく、
いろいろ変化していく
途中の断面がなめらかで、
変化しているのにあまり違和感がない。
そのなめらかなリズムにそって
感情をこめて時には激しく、
時には優しく歌う。そんなピアノ。
(このCDに入っているラベルは
どちらかというとこちらの面のYundiだと思う。)


でも、このベルリン・フィルとの初協奏曲は、
まったく違う。
すごく音が心と身体にビリビリと
迫ってくるそんな演奏である。
恐ろしく野蛮なタッチで跳躍したかと
思うと、繊細な鍵盤を聞かせる。
第一楽章も第四楽章も好きなんだけど、
音が乱れ飛ぶ第三楽章がけっこう好き。

パッションの閃きが、このライブで
溢れている。

多分ドキュメンタリーで見てすごいと
思ったところは、
「息も継がせぬ速さで進むトッカータ風の楽章」
(CDの石田一志氏の解説)の第二楽章。

ピアノの鍵盤すれすれの上を頭が移動し、
エネルギッシュに弾くYundiの姿を見て、
自分の好きな山下洋輔氏のピアノを
超えている思ったからだ。

ジャズなんだけどね、
ピアニストで一番好きな人。
それを超えたと思える人の
映像を初めて見た。
それがYundiだった。

ベルリン・フィルの音はすさまじく、
弦楽器、管楽器、打楽器すべてが
すごくVividな音を奏でる。

指揮者は、初めての合わせのときに
「一度通しているその間に、
ほとんどの演奏ができ上がってしまうぐらいの
情報量を、指揮動作のみによって示せる」次元
山下洋輔氏対談集
音楽秘講座
の茂木大輔氏のところのシャルルデュトワのレベル)
だろうから、
注 コメント欄で補足 次元が違ってた
小澤征爾の指揮はすごいんだろうな。
自分が感心したのは、オーケストラと
ピアノの入り方。自分(私)が好きなタイミングで
ピアノがオーケストレーションに入り、
オーケストラがピアノの独奏に入る。
なんとなく、なんとなく。

プロコフィエフを聞くのは
これが初めてなんだけど、
このピアノ協奏曲第二番は、
「若い演奏者に特にふさわしい作品」
(Yundi Li)だと思う。(注 コメント欄で補足
アーティストはその年齢に
相応しい作品があると思う。

若い時には、若い時にしかできない作品
があるはずと思う。

このプロコフィエフ
ピアノ協奏曲第二番もそんな曲だと思う。

このCDを聞いて
かえすがえすも
その時、ベルリンのその場所で
聞きたかったなぁと思う。

CDの録音状態はすごくいいんだろうなぁ。
情報量が多すぎて普通のステレオでは
うまく再生できないのだろう。
かといって再生機や部屋にそんなに
お金をかけるわけにはいかないし。

音楽はライブが一番だと思う。

そんな風に
心の底から思えるCD。


スポンサーサイト
このページのトップへ



もうクリスマス。

昔、自分が学生
の頃、クリスマス
といえば、
スキー場で、
山下達郎の
「クリスマス・イブ」や
松任谷由美の
「恋人はサンタ・クロース」
なんぞが、
ゲレンデで
かかっていた、
のを覚えている。

今はどんな曲が
クリスマスに
聞かれているのだろう?

Joshua Bell 
1967年生まれ。
アメリカ、インディアナ州。

クラシックは数枚しか
持っていない。

Joshua Bellは
彼が出演した
イギリスのプロムス・コンサート
がNHK-BSで
放送されていたときに、
初めて聞いた。
いいなぁと
思って買っていた。

クラシックは、
自分とは縁遠い。
クラシックのコンサート
に行った
のは数えるほど。
なんか敷居が
高そうに思えた。

でも、NHKのクラシック
なんぞを
たまに見ていて思った。

そんなに
肩肘はって聞かなくても、
要は、「演奏者が何を伝えたいか?」
じゃないか?
そう思って、
聞いてみたら面白くなってきた。

ポップスと同じように聞いてみたら、
なんとなくしっくりきた。

メロディ、リズムの速さ、
音の強弱、その時に何の
楽器を使うか?
ヴァイオリンか?ピアノか?
オーボエか?トランペットか?
シンバルか?

誰かが新聞で
「音楽とはコミュニケーション」
と言っていた。
そのとおりと思う。

ロックや、ポップや、
ソウルとの大きな違いは
クラシックの場合、
ドラムスがフューチャーされる
ことが少ないからリズムが
前に出てこないところかな。
だけど、演奏を支えるリズム感
はすごいものがある。

Joshua Bellのこのアルバム。
13のメロディが収録されている。
その美しいメロディを
彼のストラディバリが奏でる。

彼の音色の
すばらしさは
高音ではなく、
中低音の
濃さかな?
自分が好きなのは。

音がしっとりしていて、
しっかり自己表現している。
一つの音で
喜び、悲しみ、せつなさ、
後ろ髪ひかれるような
甘酸っぱさ、
胸のもやもやというものを
表現しているように
思える。

もしクリスマスに
かけるとしたら
このアルバムをメインに、
ジャズの好きなもの
あたりをかけるかもしれない

一枚持っていて
絶対損はしない
アルバムだと思う。

いいアルバム。

このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。