Crazy For dos and don'ts

音を楽しむことを。日々の無常を。心の遊びを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


Joni Mitchell 1943年カナダ生まれ。

実際Joniを聞き始めたのは学生時代から
だが、その頃、高かった彼女の評価ほどには
自分はそれ程お気に入りではなかった。

なぜかと言うと、自分の当時好きだった
SoulやSteely Dan、80年代POPSとは
かけ離れた外装(初期の彼女はFolk Music
である)しか追えなかった自分には
Joniが何を言おうとして、
なんで、英米のミュージシャンに
これほど人気が
あるのか、わからなかった。

JoniへのTribute CDを見て
その影響の大きさを実感できるだろう。
Prince、ビョーク、Elvis Costello、
Annie Lennox(元ユーリズミックス)などなど。
WikipediaによるとMadonnaなんかすごく
影響
を受けたらしい。

今年の2月にGrammyでAlbum Of the Year
に輝いたハービー・ハンコックのアルバム
Joniについてのアルバムだからなぁ。

でも、10年ほど前に、
前エントリーのJanet Jacksonのアルバムで
Q-Tipが“Joni Mitchell never lies”ってRapしている
のを聞いて、かなり聞きまくった。
とは言っても5枚しか持っていないが。

その中で一番好きなのがこのCD。
“Blue” 1971年。
自分の持っている
JoniのCDの中でも
かなりPOPなもの。
でも、ピアノとアコースティックギター
をメインでレコーディングされて
おり、バンドサウンド的ではない。

のっけから
“All I Want”(T1)のギターフレイズ
が響く。この出だしがまず好き。

Blueとかいいながらかなり
明るい曲調。

“California”(T6)なんかは
かなりPOPな出だしで
以前にどっかのCMで
かかっていたように思う。

やっぱり自分の聞きどころ
は“River”(T8)と次の
“A Case of You”(T9)かな。

アルト、ソプラノの声で歌う。

“But it don’t snow here
It stays pretty green
I’m going to make a lot of money
Then I’m going to quit this crazy scene

I wish I had a river
I could skate away on“

「ここでは雪はふらない、
景色は緑のまま。
自分はお金をたくさんかせいで
くるったsceneからでていく。
riverがあったらいいいのに
スケートでどこかいけるような」
(輸入盤なので自分で未熟訳)

riverってlifeの隠喩であったりする。
でもこれは凍ってしまうriver。
Canadaのバンクーバーより
800キロほど内陸で生まれた
Joniにとっては、冬に凍ってしまう
riverが親しみやすいのか。
riverが凍るためには流れ
が急ではだめ。
ゆったりと流れていなくては。
それも広いもの。
そうじゃないとスケートで
どっか行けない。

都会のショービズの世界
に疲れたJoniが
そんなlifeだったらいいのに
と歌っているような。
どっか行けたらいいのに
と歌っているような。
切なさ、哀しみ、でも力強さ。

いいなぁ、この曲。

この曲でわかった。
彼女の詩の魅力が。
昔は詩をあまり聞いて
なかったからなぁ。

しかしriverってアメリカ人にとって
どんな意味があるのだろう。
lifeの隠喩以上のものがそこには
あると思う。

“river”といえば、
クリント・イーストウッド監督の
“Mystic River”なんか思いだす。
かなり暗い内容らしいけど。
まだ見てないが見るつもり。

あとTVでやってたけど
今年のサンダンス映画祭
のドラマ部門で“Frozen River”
って映画がグランプリとったらしい。
これも見てみたい。

でも自分はやっぱりriverと言うより
「川」。凍らない川。いつも流れている。
ひばりさんの歌じゃないけど
けっこう演歌的、歌謡的な「川」
かな。自分が思いえがくのは。

Princeがカバーした
“A Case Of You”(T9)
も好き。

アコギの出だしが好き。

昔の恋人に対する
思いを歌っていて
すごくいい。

“Oh I could drink a case of you, darling
Still I’d be on my feet”

いいアルバム。

As for me, I still can be on my feet by myself,but・・・
スポンサーサイト
このページのトップへ


自分がEric Claptonを聞いたのは、
中坊のとき“I Shot The Sheriff”を
ラジオで聞いたのが初めてだと思う。

最初「なんかなこのおっさんは」と
思っていた。
そのうち、三大ギタリストの一人
ということで皆「すごい、すごい」と
言っていた。
耳に残るサウンドだったが、
よくわからなかった。

1974年。
Claptonの大ヒットアルバム。

で、このCDを買ったのは
自分が30歳を超えてから。
Claptonのベストは持っていたが、
山崎まさよしがおすすめのCDに挙げて
いたこともあってゲットしていた。

まぎれもなくRockの名盤なのだが
よくわからなかった。

しかし、いろいろ調べていくに
従ってなんとなくわかってきた。
このアルバムを皆好きなアルバムに
挙げるのかを。

このアルバム
1974年の春にレコーディング
されている。

その秋にレコーディングされた
ものとして、
“Better Make It Through Today”がある。
これ次のアルバム
「安息の地を求めて」(1975)
に収録された
自分の大好きな曲である。

誰かのライヴ後にPAの人が
ライヴ会場でかけていたのを覚えている。
「ホッとする」曲である。
よく一日やったな。
Claptonは自分に言い聞かせたんだろうな。
大変だったんだろうなその頃。

461Ocean Boulevardの
2曲目“Give Me Strength”
と似ている。
が後者の方が明るい。
ほぼ同時期に録音されたが
こちらの方が「陽」だと思う。
曲調が明るい。
アルバムのジャケットの
明るさんの影響もあると
思うが。

Claptonがヘロイン中毒から復活して
最初の一枚である。

このCDは力の抜けたいいアルバムである。
Creamの“Wheels Of Fire”の
二枚目1曲目“Crossroads”からの
流れにあるような
超絶ギターもなく、
Guitarのインプロバイズしたものもなく、
そういったものをなくしていくような作り。
延々と続くようなギターソロもない。

シンプルなメロディに
情感あふれる歌と
あえて言うと控えめなリズムセクションと
控えめだが饒舌なギター
のマッチングで曲が
出来ている。

ブルースそのものでもなく
Black的なリズムそのものでもなく
ホワイトそのものでもなく
クレオール的なものの妙。
混血的な音作りの精妙さに
非常に魅力を
感じるアルバムである。

特にこのアルバム
レゲエを取り入れて
全米NO1となった。
Bob Marleyのヒットのさきがけ
となった。

このアルバム。
ギターワークとオルガン
ドラム、ベース、歌の
調和がとてもよく取れている。

Creamでぶっとび
Laylaで名を馳せた男は
最終的にここに落ち着いたか。
落ち着き方としては最高な
落ち着き方だと思う。

三大ギタリストとかそういう
肩に力が入ったものではなく、
「音を楽しむ」ということでは
このアルバムほんとにイイ。

このアルバムわかるまでに
何年かかったのだろう。
多分、表層的な部分を拾っていた
(それが悪かったと後悔しているわけではないが、、、)
自分の10代じゃわかるまい。

さらに音楽が好きになったような気がする。

ちなみに自分は持っていないが
「ギターの神様」Claptonでは
John Mayall &Blues Breakersの
アルバムが必聴らしい。

ギョーザさんのブログを見て
買おうか悩んでいる、、、。

このページのトップへ


ピーター・バラカン氏の「ソウルのゆくえ」で、
「数あるライヴ・アルバムの中でも最高の一枚」
と絶賛されている一枚。

ドニー・ハザウェイ。'72年発表のライヴアルバム。

大学時代、自分のバイブルだったのが
ピーター・バラカン氏の同著である。
とにかく、これを読んで、CDを一枚づつ
買っていって聞き込んだ。

本の影響もあるが、自分もライヴ・アルバム
の中で、これを一番にあげると思う。

ライヴの一番の魅力は、観客がいて、アーティスト
とコール&リスポンスできることだと思う。
つまりは、観客とのコミュニケーションの密度
の濃いライヴが好きである。

もちろん、観客がアーティスト
ないしはアーティスト同士の生の表現行為
を楽しむのも、ライヴの魅力のひとつで
あるが、、、。

このアルバム。マーヴィン・ゲイの
“What's going on”で始まる。
途中の“You've got a friend"
「きみの友だち」は観客がドニーと
一緒になって大合唱し、ノリがピーク
になる。「きみの友だち」はキャロル・
キングの「綴れおりータペストリー」
に入っている曲のカバーである。

多分、ハコは100名か200名くらいしか
入らないクラブであろう。ジャケット
の写真から推し量るしかないが。

それゆえ、すごい観客の一体感がある。
それに、その時にアフロ・アメリカン
が置かれていた状況は、ゴダールの
“One Plus One”
で映像化された
閉塞感に満ちていたと思う。

その中での、このライヴの熱さ。
たまらない。

大好きなアルバムの一つである。

ドニーハザウェイのエレピも
かっこいい。

ちなみに、「SOULS」で90年代に鮮烈デビュー
したbird。彼女の大沢伸一レーベル
オーディションで歌ったのが、
このアルバムヴァージョンの
“What's going on”らしい。
昔ラジオで大沢伸一氏が言っていた。。。

スガ・シカオ氏も大好きと言って
いた一枚。

それだけ、思い入れがあるんだろうな
アーティストは特に。 このページのトップへ


スティーリー・ダン“AJA”。
1977年の大ヒット作品、
の2曲目。“AJA”。

その頃10代で、とにかくラジオ
ばかりを聞いていた。小遣いも
微々たるもの。好きな音楽は、ラジオ
で聞いてエアチェック(つまりは、
ラジオで流れてきたものを、そのまま
テープで録音)するしかなかった。

LPの時代。貸しレコードの時代。
ラジオから流れてくる音楽は強烈で、
最高の気分にさせてくれた。

ラジオから流れてくる音楽は、
その場かぎりの刹那的なもので、
その放送を聞きのがすと、永遠に
聞けなくなってしまうような
気分にされる。DJ曲紹介、音楽自体
を食い入るように聞いていた。

ラジオは不思議なメディア。
音だけが勝負で、ONE ON ONE、
1対1的な要素が強いように
思える。

だからアーティストの思い入れ
もすごい。クイーンの“RADIO
GA GA”やバグルズの「ラジオ
スターの悲劇」などでも歌われ
ている。

この時は、曲名を聞き逃して
しまい。探し回って3年後に
やっとLPを輸入版屋で手に入れること
ができた。このLPのジャケットも
かっこよくて、大事に持って
いた。

でも人にあげてしまった。
そいつも、音楽が大好きで、
そいつの大事な再出発の日
にあげたら、本当に喜んで
くれた。

スティーリー・ダンのメンバーは
ドナルド・フェイゲン、ウォルター
・ベッカーであるが、サポートミュージシャン
がすごい。ドラムにあのバーナード・パーディー
などなど。ソウルの名盤で叩いている人
である。ギターがラリー・カールトン。
とにかく最高のタイミングでギター
が入る。クラプトンのライブサポートで
有名なジョー・サンプルがエレピを
弾いている。

スティーリー・ダンのアルバムの中では
これが一番好きである。

最高の一枚。

そういえば、スティーリー・ダンって
先日来日していたらしい。六本木の方
でライブしたらしい。行けば良かった。。。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

fino tonic
  • Author: fino tonic
  • Something mo' better?,I hope.

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

fino tonic

Author:fino tonic
Something mo' better?,I hope.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。